デキちゃうけど、ナカでもいいよね。3話あらすじ

menu

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。ネタバレ|神寺千寿のエロ漫画 ※無料立ち読み・画像あり

『デキちゃうけど、ナカでもいいよね。』神寺千寿の最新漫画をスマホで今すぐ読むならコチラ!ネタバレ・ストーリー紹介や感想(レビュー)画像サンプルあります!無料立ち読みもOKです♪

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。ネタバレ|神寺千寿のエロ漫画 ※無料立ち読み・画像あり

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。3話あらすじネタバレ

抵抗できずに押し倒されて
奥までイッパイ中出しされて・・・

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
デキちゃうけど、ナカでもいいよね。
デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

3話 お兄ちゃんの大きいのが忘れられなくて…

恋人の広瀬君の家で、まさかのお兄さんと再開をし、犯されてしまった由菜。
しかし、彼女はあのときの快楽が忘れられずにいたのでした。

来週には引っ越すことになる広瀬君と学校で初めてセックスをしたのですが・・・
広瀬君は由菜との始めてのセックスにすごく気持ちよかったと満足していました。
「由菜ちゃんも気持ちよかった?」
と聞かれ、「うん」と応えるのですが・・・由菜には物足りなかったのでした。

夜の布団の中でも、どうしたら満足するのかがわからず、一人でなぐさめていました。
それでも、あのときの快楽が忘れられず、ついに・・・

由菜は再び、お兄さんのもとを訪れるのでした。

お兄さんは由菜の感じているところを撮影していたのです。
弱みを握られていた由菜はただ従うことしかできなかったのでした。

部屋では言われるがままに要求されたフェラをし、広瀬君のモノよりも大きくて立派だと感じていると、恋人の広瀬君が学校で初めてセックスをした時のことを聞いたと、聞かされるのです。

ベッドに押し倒されると、由菜はお兄さんから前回のように無理やり犯されていくのでした・・・

広瀬君とのエッチでは得られなかったものをお兄さんは持っている。
お兄さんは由菜の思いを見透かしたようにこんなことをいうのです。

「あいつのお子様ち○こじゃー全然物足りなかったんじゃないの?」
「太くて長あいオトナち○ぽで突いてくださいってゆってみてよ」

由菜はその言葉に顔を赤らめながらも、何もいうことができなかったのでした・・・


▼ 本編・立ち読みはコチラ ▼
デキちゃうけど、ナカでもいいよね。
画像タップで無料立ち読みページ

Handyコミックで配信中!
※デキちゃうけど、ナカでもいいよね。の本編を読むためには会員登録が必要です。

スマホ専用|iPhone・Android対応
docomo / au / softbank
月額300円(税別)~